ごもブロ

都内でWEBディレクター/PMをやってるごもくのブログ。読んだ本から買ったモノ、日常のできごとを自由に書きますよ。ちなみにMBA保持者!

MENU

ソニーストアでXperia Touchを触って来た!すごーい!これは家電のあり方を根底から変えるスマートプロダクト!

こんにちは、ごもくです。

今日はGWのソニーストア銀座で展示が開始されたばかりのXperia Touchに触って来ました!

展示自体は小さかったのですが、そのプロダクト自体には大きな可能性を秘めています、というか溢れ出ていました!

そもそもXperia Touchって?

Xperiaはみなさんご存知の通りソニーから販売されているスマートフォンのブランド名です。Z1やXZなど、多くのシリーズが出ていることに加えて、その使い勝手の良さから国内外で多く知られたスマートフォンです。

そんなXperiaブランドから発表されたのが、今回の「Xperia Touch」です。

何が新しいのか...「touchとか....タッチ操作なんてスマホじゃ普通じゃーん!」と思っているかもしれませんが、百聞は一見にしかずということで、まずは動画をチェック

 

www.youtube.com

そう!なんとスマートフォンではなくてプロジェクターなんですね。しかもただのプロジェクタではなくタッチもできる!

詳しい技術は私もわからないのですが、プロジェクタ本体から赤外線が出ており、それが指のタッチをする動作を認識しているようです。

AndroidOSが搭載されていることで、GooglePlayStoreからダウンロードできるアプリは大抵動作します。しかも10点タッチの認識が可能ということですが...

実際に触ってみた

本当にそんなことができるか実際に触って見ました!現在は全国各地のソニーストアに加えて、BEAMS渋谷などの一部のソニー以外の店舗で体験できるようです。

GWの銀座ということで混雑を心配していたのですが、ソニーストアの中はやや混雑しているという程度ですぐに体験することができました。 

まずは外観をチェック。色はゴールドということなんですがボタンの周辺や光源に近いところもブラックにまとまっていて、全体的にとても上品な印象です。これなら家庭のインテリアとしてもマッチしますし、大きさも片手サイズなので邪魔になりません。

f:id:Gomoku:20170504112458j:plain

次に気になる投射をチェック。写真では照明がやや暗めの印象になっていますが、普通の蛍光灯で照らされたショールームの中での撮影です。電子書籍、動画、そしてゲームをやってみたのですが全くストレスになりませんでした。

f:id:Gomoku:20170504113632j:plain

写真撮るの忘れてしまったのですが、10点のマルチタッチもキビキビ動作!一緒に遊びに行った友人と複数人が参加するクイズゲームしてみたのですが、認識ミスもなく白熱したクイズになりました!

続いて試して見たのは「ハイ!エクスペリア!」という音声認識機能。端末に向かって「ハイ!エクスペリア!」と話しかけるだけで色々な動作をしてくれます。写真は試しに銀座の今日の天気を探してくれたところ。SiriやOK googleと同様の機能になるのですが、それが大きな画面に映し出されることで、その場にいる人ともすぐに共有できるし何よりも手が離せない時にはすっごく便利。

 

f:id:Gomoku:20170504112454j:plain

海外ではAmazon Echoが大流行のようですが、それらの音声デバイスと違って、Xperia Touchは画面と連動しているので視覚的にもわかりやすい。アプリの立ち上げもスイスイでした。この部分はハードウェアに莫大な蓄積があるソニーだな、と。本当に感動するくらいの驚きでした。

ソニーストアではテストできませんでしたが、Amazonでの購入や動画の検索などもできるようになるのではないでしょうか。

まとめと感想

ほんの数十分だけ操作させてもらったのですが、Androidとプロジェクタという組み合わせがこんなに楽しく、かつコミュニケーションを生み出すものとは思いませんでした。

以前に現在のシャープの社長である戴正呉さんが国内家電メーカーが勢揃いした会議で「なぜ家電メーカーというのか。我々は自社をiotメーカーだと考えている」と述べている記事を読んだことがあります。つまり、家電もインターネットに繋がり、外出先からでも操作されるべきなのであるとう思想です。

私がその記事を読んだ時には「本当にその通りだ」と思ったのですが、Xperia Touchのようなプロダクトは国内初の完全なるIot機器と言えるのではないでしょうか。

例えばインターネット同士で繋がったXperia Touchと自身のスマートフォンをペアリングさせて、離れた場所で書かれた手書きメモを瞬時にプロジェクタで表示したり、アウトドアで映画を上映したりなど、可能性は無限です。

そして、これが100インチ、200インチという形で実現できるようになればARと同等の空間が実現できるのでリアルPokemonGOみたいなことができるようになるかもしれません。

音声、タッチ、そして将来的にはジェスチャー操作と本当に可能性に満ち満ちているプロダクトが、このXperia touchだと思いました。

予約開始は6月9日から、ソニーストアや各家電量販店で始まります!

ソニーストアではWEB、店舗のどちらでも予約を受け付けているようですよ。

ちなみにごもくはこの時点でマックス!6月9日は必ず予約します!

www.sonymobile.co.jp